スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロベラ・幼魚・屋久島

クロベラ幼魚

クロベラ/幼魚/
Labrichthys unilineatus
2012.12.10 屋久島 -12m 3.5cm
南日本、小笠原諸島、琉球列島

12月9日から4日間!屋久島強化合宿に行ってきました。
やっぱり、ベラの宝石箱~ヽ(^o^)丿の海です。
温帯潮と熱帯潮が、ぶつかる海況!渡瀬線が引かれるのも納得です。
普通種からレア種まで!また、その数と各ステージが半端ではありませんわ。
この時期に屋久島を選んで島入りしたのも、若魚から成魚間の微妙なステージ狙いです。
反面、北西風がビュンビュン吹くのでENできる可能性は低いのですが
そこはベラディング職人!の、しげるちゃんにナイスな海を見極めてもらう(^^ゞ

今回も(笑)しげるちゃんと陸でも熱い!ベラ話の毎日でした(だからENが遅くなる(笑
普通種が特に好きで、向きや、角度、大きさ、他、話しててもキリありまへん。
その中で、特に熱く語りました。眼の向き!
南日本以南では普通種の、このクロベラ幼魚
ベラには幼魚から若魚にかけて、眼にラインが入るベラが多いのですが(成魚になるとラインは消える)
すべての鰭が全開!婚姻色!背景も完璧!でも、眼の向きが気に入らなかったらボツ。
それなら、鰭や色も普通の状態でも眼位置(表情)が良ければOK!なんです。
そらぁ~体が真横位置で鰭全開、眼線も横位置でキレイな色とキレイな鰭(やぶけてない)のがベストです。

この写真も図鑑構図的にはボツです。
ただ、眼白縦帯が、この方向なので幼魚らしく可愛いラインで表情が演出されます。
これが逆ライン方向なら幼魚でも、コワ顔の表情になり可愛い幼魚にはなりません。
ベラ科は、特に眼の動きが大きく(表情豊か)難しいのですが
ファインダーから覗くベラの眼の動きには毎回ドキドキしますわ~(^.^)
特にニセモチノウオ属の目線には難易度が高くタマリマセン!!!

いやぁ~ほんま、今回の屋久島強化合宿で、この時期ならでは!な
ベラの『瞳』に、またまた夢中になりました~ヽ(^o^)丿
むかしから言われる『死んだ魚の目』って言うわれんよう
オレもベラみたいに表情豊かな新鮮なピチピチ目!魚ろ魚ろしとこ~(笑

しかし、しげるちゃんはアツイ!
またまた、えぇ~刺激もらいました。(それが一番の収穫です)

=撮影協力=
屋久島ダイビングサービス森と海
http://mori-umi.net/



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazu

Author:kazu

カテゴリ
リンク
ユーザータグ

・幼魚 バリ島 ハワイ ・ハイブリッド 書籍 ・調査中ベラ幼魚 ・性転換個体 

最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。