スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドフィンフェアリーラス・雄・成魚・婚姻色・バリ島

ルソン雄

レッドフィンフェアリーラス(8cm)
Cirrhilabrus rubripinnis
バリ島/トランベン 23m 2013,7,12


潮通しの良いサンゴ礁域にハレムを形成し生息する。
一見、他のフェアリーラスと群れているようにも見えるが
よく観察していると、あるラインで住分け生活している。
今回のバリツアーで、ここのポイントでしかレッドフィンが見れず数は少ない。







バリ島のポイントの中でも最も人気ある沈潜ポイント!
ホテルから歩いて行ける距離です。
器材はバリお馴染みのポーターさんが運んでくれるので楽チン!

沈潜①

ビーチからENしてすぐ!
でっかい船体が現れます。

沈潜②

ベラ科最大級 メガネモチノウオ!

沈潜③

船内も入れます。

沈潜④

うわぁ!またナポレオンやぁ~!って近寄ったら
カンムリブダイでした。
早朝ではこのカンムリブダイが数百匹も群れるそうです。

沈潜⑤

沈潜ポイントの一番の目的!
念願のワヌケヤッコ!やっと出会えました~(ヤッコフェチでもあります)
オレの両手手のひらを開けても、それ以上にでっかいでっかいサイズでした。

ワヌケヤッコ



=撮影協力=

Ocean Life BALI
http://oceanlifebali.com/



スポンサーサイト

tag : バリ島

レッドフィンフェアリーラス・雄成魚・婚姻色・セブ島

ルソン繁殖行動①
セブ島 拓ちゃん① アクエリアス


レッドフィンフェアリーラス/雄/成魚(8cm)繁殖行動/セブ島 16m 2012.6.9
Cirrhilabrus rubripinnis

潮通しの良いサンゴ礁域にハレムを形成し生息する。
フィリピン名物種と言っても過言ではないくらい数は多い。
若魚から雌20匹~の群れが多数あり隣接する。他種ベラ達とも群れる。
ひとつのハレムに複数の雄が生息するのも特徴。

雄婚姻色では下顎から腹部底が青く染まる。
腹鰭を激しく動かし雌にアピールする。
背鰭基底に白色斑が規則正しく並ぶのも特徴である。


今年春、
関西のブルースリー!押忍白石!でお馴染みの、拓ちゃんがセブ島で独立したショップ!
アクエリアス~AQUARIUS DIVERS in CEBU~に行ってきました。
前回同様、移動ではいろいろありましたが(フィリピンエアーの適当な出発時間)
ほんまリゾート&リフレッシュできました。
経営者として、ガイドとして、大きく成長した拓ちゃん!めっちゃキラキラ輝いてて頑張ってました。
陸では、スタッフを家族のように思うアツイ気持ちの話、話に、涙。
海では、ゲストの気持ちに応えるアツイ!ガイドで幻のベラに出会え、また涙。。
海陸、おっさん本気泣きしてもたセブ島訪問でした(^^ゞ

ほんま、陸海とも、なぁ~んのストレスもなく
物価が激安!またチキン!が美味い(笑
すべての面においても、お得でリゾートなセブ島です。

サムネイル見てもわかるように(この時はホテルスタッフに注文してるところ)
操り人形のような動きで(笑)節々に『ほんで』『なるほど』と日本語が混じりながらも
英語が得意な拓ちゃんがサポートしてくれはるんで安心です(^.^)
それと、なんちゅ~てもスタッフが、めっちゃええ人ばかりなんですわ~
めっちゃ働くし、笑顔やし、優しいし、気配り、ほんま最高のスタッフです♪
帰って来たばかりですが、今すぐ!また行きたい!それぐらい最高に海陸のんびりできるセブ島ですわ~

陸では、食事、ショッピング、エステ、乗り物、(めっちゃセレブなエステ1時間30分コースで¥1500円やで)
海では、ドロ、サンゴ礁域、砂地、川、他、
どれもこれもオモローで贅沢な日々時間を過ごせるセブ島!アクエリアス!めっちゃオススメです。

コイツ!できる男やで~♪

撮影協力
アクエリアス http://www.aqdceb.com/

レッドフィンフェアリーラス・雌・成魚・リロアン

レッドフィン雌

レッドフィン雌①

レッドフィンフェアリーラス/雌/成魚/
Cirrhilabrus rubripinnis
2010.3.8.9 riloan/mactan -18m~-27m 10cm

潮通しの良い、ガレ場、サンゴ域、サンゴや、イソギンチャクの中に生息する。
幼魚から雌成魚5匹~8匹ぐらいの数で一家族群れ、多種ベラと群れる。
雌の行動範囲は狭く、この種は、あまり中層を泳がないような気がする。

雌成魚の、鰭全開シーンは撮影は、意外と雄よりも難しかったりする。
サムネイル① 臀鰭・尾鰭の開きが、あまいが鰭を開いている雌。
鰭を開くと、ボディー全体に赤みが増していた。
ブルーに染まる頭部が印象的だった。

レッドフィンフェアリーラス・雄・成魚・リロアン

ルソン①

ルソン⑤ ルソン⑦ ルソン③ ルソン⑧


レッドフィンフェアリーラス/雄/成魚/婚姻色
Cirrhilabrus rubripinnis
2010.3.8.9 riloan/mactan -18m~-27m 13cm

潮通しの良い、ガレ場・サンゴ域で、見通しの良い環境で
多種多数のベラ達と群れ生息し
雄雌が多数群れ、この個体では、雄と雌の割合が半々ぐらい?
と思うぐらい特に雄の個体が目立つ。

トップ写真
ギラギラ図鑑写真に撮れた!と思ったら臀鰭が・・・(>_<)かじられている。
上記にも書いたが、雄個体が多いからなのか?
喧嘩で鰭を、かじられた個体が目立つ。
なので、あえてこの、かじられた写真をトップ写真に採用。

サムネイル①②
①は、ウミシダを住まいとしている写真。
イトヒキ系(成魚)がウミシダで生活してるなんて、はじめて見ました。

②は、これも珍しい写真かと?
シライトイソギンチャクに、雄雌(成魚)が仲良く生活していた。
ひとつのイソギンチャク(直径50cmぐらいの)に
3家族ぐらい(幼魚を含む)が生活していた。
イトヒキ系のベラが、イソギンチャクの中に入るところなんて、はじめて見ました。

サムネイル③は
雄が雌をエスコートしている瞬間の写真

サムネイル④は
雌を追っかけ、アタックしている婚姻色の写真。
他の写真と比べても分かるように、やはり婚姻色は白くボディーが染まる。

下のブルーストライプが、まるで外人版ゴシキなら
こやつは、外人版のクレナイイトキベラですわ~
まぁ。同じ種ですが(笑)


プロフィール

kazu

Author:kazu

カテゴリ
リンク
ユーザータグ

・幼魚 バリ島 ハワイ ・ハイブリッド 書籍 ・調査中ベラ幼魚 ・性転換個体 

最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。