スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニヒレイトヒキベラ・幼魚・柏島

ベニヒレyg

ベニヒレイトヒキベラ/幼魚/
Cirrhilabros rubrimarginatus
2009.7.26 kashiwazima -15m 2cm


柏島では
5月後半から6月にかけて求愛行動が頻繁に見れ
この時期、
7月から8月初旬にかけて、可愛い姿の幼魚があちらこちらで見られる。
今年の柏島は7月下旬でも、水温が上がらず
こんな水深でもイトヒキ系の幼魚が見られた。
ベニヒレygは、尾鰭元にある黒班とその周りにあるブルーリングが特徴で
イトヒキ系ygでも見分けがつきやすい。
クリクリの目が愛らしい。

スポンサーサイト

tag : ・幼魚

ベニヒレイトヒキベラ・雄・成魚・婚姻色・柏島

ベニヒレ婚姻色

ベニヒレ婚姻色 (2)のコピー ベニヒレ婚姻色 (3)のコピー ベニヒレ婚姻色 (4)のコピー

ベニヒレイトヒキベラ/雄/成魚/婚姻色/
2008.6.13 kashiwazima -40m 12cm
Cirrhilabrus rubrimarginatus

黒潮が入りだす6月の柏島はベラシーズン
まだ水温も低いのもあり、深場のベラも浅い水深で見られ
また、求愛、産卵活動も活発になるシーズン。

このベニヒレも、体を真っ白に染め、雌を誘いだし
中層をビュンビュンと飛ぶように泳ぎ回っていた。
真っ白に染まるベニヒレも美しい。

ベニヒレイトヒキベラ雌・屋久島

ベニイトヒキベラ雌600①

ベニイトヒキベラ雌600② ベニイトヒキベラ雌600③

ベニヒレイトヒキベラ雌/成魚
Cirrhilabrus rubrimarginatus
2009.3.20 yakushima -30m 7cm

やや深場のサンゴ、ガレ場、岩場に生息し
若魚、成魚、各ステージで群れる。
他のイトヒキ属雌よりも、紅ヒレの特徴で雌も認識しやすい。
イトヒキ属の中でも、やや大きめ。

ベニヒレイトヒキベラ・屋久島

ベニヒレイトヒキベラ600⑤

ベニヒレイトヒキベラ600① ベニヒレイトヒキベラ600② ベニヒレイトヒキベラ600③ ベニヒレイトヒキベラ600④
ベニヒレイトヒキベラ600⑥ ベニヒレイトヒキベラ600⑦ ベニヒレイトヒキベラ600⑧ ベニヒレイトヒキベラ600⑨

ベニヒレイトヒキベラ/雄/成魚/
Cirrhilabrus rubrimarginatus
2009.3.19 yakushima -15m 13cm

TOP 鰭全開状態
①平常
②婚姻色
④~⑦威嚇・警戒状態


やや深場に生息し、水温が20度前後を好むようだ。(活発的な動き)
婚姻色は、白くなり、警戒心もうすく泳ぎまわる。
婚姻色時には、臀鰭の紅がより一層引き立つ。婚姻時、腹がパンパンになるのも特徴
まわりには、雌がかなり群れてる。
プロフィール

kazu

Author:kazu

カテゴリ
リンク
ユーザータグ

・幼魚 バリ島 ハワイ ・ハイブリッド 書籍 ・調査中ベラ幼魚 ・性転換個体 

最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。