スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オハグロベラ・雄・成魚・婚姻色・伊豆

オハグロ雄②

オハグロ雄① オハグロ雄③

オハグロベラ/雄/成魚/婚姻色
Pteragogus aurigarius
2009.7.4 izu (IOP) -15m 18cm

浅い水深の藻場、岩礁などの、潮流れが穏やかな環境に生息する。
今回の伊豆訪問で撮影したかった念願のベラのひとつ。
温帯域では普通種で、このオハグロを撮影していると???と
すれ違うダイバーからも不思議そうに見られた。それほどの普通種。
トップ写真は、婚姻色。まるでトウモロコシのようだ。
サムネイル①は、水中に上昇し雌とアタックする寸前
サムネイル②は、雌を誘ってる時
この時の水温は7月でも15度と、例年より低いそうだ。
そのせいか?ほとんどのオハグロの鰭に、写真でも分かるように白いカビのようなものが
どのオハグロにも目立った。
観賞魚にもあるような病気のひとつだと思う。
オハグロは一度婚姻色を出すとしばらく、このトウモロコシ状態がつづく。
次回は、ygを撮影してみたい。


撮影協力
さかな潜水サービス
http://www.h7.dion.ne.jp/~dc.sss///
スポンサーサイト

オハグロベラ・雌・成魚・伊豆

オハグロ雌①

オハグロベラ/雌/成魚/
Pteragogus aurigarius
2009.7.4 izu (IOP) -15m 10cm

このオハグロベラ撮影も伊豆訪問もひとつ。
オトヒメベラ同様、
雄は結構目に付くのだが、雌は赤っぽい海藻の間に身を隠し
今回は求愛行動以外、目にすることがなかった。

雌の魅力は、胸周辺にあるブルーの水玉模様が美しいと思い
胸鰭、腹鰭の綺麗なところを中心に撮影してみた。
この写真は求愛行動をする雌の仕草。
海藻の中から上へ、ぴろぴろ~と、胸鰭をパタパタさせ、ゆっくり上昇する感じで泳ぐ。
日本では、オハグロベラ属の分布は広い。

撮影協力
さかな潜水サービス
http://www.h7.dion.ne.jp/~dc.sss///


プロフィール

kazu

Author:kazu

カテゴリ
リンク
ユーザータグ

・幼魚 バリ島 ハワイ ・ハイブリッド 書籍 ・調査中ベラ幼魚 ・性転換個体 

最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。