スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトヒメベラ・雄・成魚・伊豆

オトヒメベラオス Wrasses

オトヒメベラ① オトヒメベラ②

オトヒメベラ/雄/成魚/婚姻色/
Pseudojuloides elongatus
2009.7.4 izu (IOP) -15m 15cm

このベラを求め、はじめての伊豆、ダイビングの聖地IOPに潜った。
やはり温帯種のベラ、IOPでは狭いエリアで8個体の雄を確認できた。
西では、今のところ和歌山県の串本で確認できている。
深い水深をイメージしていたが、以外と簡単に浅い水深で撮影できた。
単独で行動し、色模様がハッキリしているだけあって気も強いようだ。
やはりベラの魅力でもある胸鰭が特に美しい。
トップの写真は胸鰭の美しさを強調した写真
サムネイル①は、ベラらしい威嚇的なポージング
サムネイル②は、ノーマルな姿
IOPのオトヒメベラ達は、反時計回りに20m四方のエリアで雄が泳ぎ
雌が居ると、瞬時にフラッシング行動をしていた。
雄同士の威嚇、追い払いも行動は、他のベラより強かった。(ひつこい)
海藻の間を泳ぎ、撮影には海藻が邪魔になる。
夕方の、海藻がなくなる時期が撮影はしやすいと思う。

撮影協力
さかな潜水サービス
http://www.h7.dion.ne.jp/~dc.sss///

スポンサーサイト

オトヒメベラ・雌・成魚・伊豆

オトヒメベラ雌

オトヒメベラ/雌/成魚/
Pseudojuloides elongatus
2009.7.4 izu (IOP) -15m 10cm

このエリアでは雄個体が8匹ほど見れた
でも、海藻と、うまく擬態し隙間に入り込む雌は
逆に見つけるのが難しく、すばしっこかった。
夕方の方が、雄も雌も活発的に行動するようで
産卵行動には夕方が良い。
ライト光に反応する雌の鱗は、まるで鯉のようで美しい。

被写体より、ダイバーの方が多いIOPでは
砂の巻き上げとダイバーの写り込みを処理するのが大変




プロフィール

kazu

Author:kazu

カテゴリ
リンク
ユーザータグ

・幼魚 バリ島 ハワイ ・ハイブリッド 書籍 ・調査中ベラ幼魚 ・性転換個体 

最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。