スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回 ガイド会ライブ

ガイド会400



いよいよ今週末!
4月6日(土)サンシャイン60展望フロアーにてガイド会ライブが開催されます。


そのイベントの中でチャリティーオークションが企画されています。


オークションの売上金は東日本大震災
被災地で水中清掃、瓦礫撤去作業他、復旧活動を行っている
三陸ボランティアダイバーズ皆様達の活動資金として全額寄付されます。


いつもお世話になっている
ガイド会所属の「潜水案内~Okinawa~ 津波古さん」から協賛お誘いを受け
小生も微力ですが「日本のベラ大図鑑」を協賛させて頂きました。


東日本大震災から2年が過ぎましたが
このようなかたちで三陸ダイバーズの皆様に
応援でき、またお誘いしてくれはった津波古さんに感謝しています。


私も、阪神淡路大震災で被災した者として
風化させず、長期的に支援することが大切だと思っています。


被災された皆様のご安全とご健康
そして、三陸ボランティアダイバーズ皆様のご活躍で
安心して笑顔で潜れる海の復興を心よりお祈りしております。

最後に
第4回ガイド会ライブの大成功を願っています。



第4回ガイド会ライブ詳細(満員御礼)

http://sekainoumi.blog54.fc2.com/blog-entry-1377.html



同時開催! 「 次世代ガイドの写真展」

ガイド会300

スポンサーサイト

Happy New Year

年賀状

新年、明けまして
おめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今年、一発目!の写真は
年賀状にも採用した、このトカラベラの写真!
そして「日本のベラ大図鑑」の表紙を飾った写真でもあります。

日本のベラ図鑑ではデザインされ、トリミングされていますが
これが基写真です。

みんなによく聞かれます。
なんで「日本のベラ大図鑑」の表紙がトカラベラなん???って。
オレ的に意味はなく(^^ゞ
実は、デザイナーさんが1049枚のベラ写真中から選んだものなんです。

オレ的にも、あれこれリクエストしたんですが、すべて却下(^^ゞ
デザイナーさん曰く
今までの図鑑にありがちな表紙よりも
表紙だけは、1種でドカーンと!
テーマでもある、目に優しい色(グリーン)で、一部だけ(顔)インパクトあるもので
飽きのこない写真、カラーバランスとの事で、この写真を採用されたそうです。

うん!今では、この表紙めっちゃ気に入っています(^.^)


この写真は2009年12月10日お世話になってる剛志さん
久米島(エスティバン)で撮影した写真です。

西日本では、ザ!普通種のトカラベラですが
いろんな海でトカラベラの雄成魚をリクエストしますが
なぜか・・・えっ?トカラベラ???って、ちょっとバカにもされます。
がぁしかし
実際には、トカラベラの雄ってどんなんやった~?
トカラベラの雄が極めて少ないと再確認されてはります。


ほんま普通種ですが
それほどベラ科魚類は、ついついスルーされる魚ってことですね(^^ゞ

今年も
このブログでベラ科魚類を発信し、ベラの魅力を紹介したいと思いますので
マニアックなブログですが
今年も宜しくお願い致します(^.^)


=撮影協力=
ESTIVANT~久米島~
http://www7b.biglobe.ne.jp/~dive-estivant/




マリンアクアリスト

①

②


現地のスゴ腕名ガイド達も記事を書き、魚好きのダイバーも愛読するマニアックな本!
12月18日発売の「マリンアクアリスト」に掲載して頂きました。
しかも、5頁もの記事で紹介して頂きました。

ベラ写真は、日本のベラ大図鑑と全く同じ写真を提供しましたが
紙質、印刷が変わればこないも変わるんや~と勉強にもなりました。
(日本のベラ図鑑ではテカテカ光る紙を使用せず、難しい紙で勝負しました(以下省略)
やっぱり派手に映し出され一般ウケする光沢のある紙で印刷した方が良かったかな~って思ったりも。。。
と思いながら頁をめくると、ベラ山ベラ彦の文字!何でやねん(笑
ブロガーしか知らんハンドルネームも一人歩きしてるがな(笑

サムネイルの左上写真
11月に久米島行った時に、大のお友達!ワイドの巨匠!アンクルさん(金森さん)が撮影してくれた写真です。
アンクルさんありがと~ヽ(^。^)ノ
レアなハナダイ達や、まるで金魚すくい状態(笑)の群れ!!しかも巨匠が撮ってくれはったのは
お気に入りで家宝物です♪

マリンアクアリストの皆様、アンクルさん、本当にありがとうございました。



愛用してたPCが壊れてもて新しいPCにしたものの
Windows8、液晶もLEDになって使い勝手悪いわ~(^^ゞ
時代の波に必死に乗っかろうとしてるギリギリのおっさんです。


マリンアクアリスト
http://www.mpj-aqualife.com/marineaquarist.html

アンクルさん
http://masakana.p1.bindsite.jp/




NHK 『あさイチ』

NHK 朝の 8時15分から V・6 イノッチさん(井ノ原快彦)メイン司会で放映されはる『あさイチ』って番組で

本日の特選!知識の宝庫! 『大人も魅せる“図鑑”』ってコーナーで
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/11/30/02.html

『日本のベラ大図鑑』が映るかも?との情報を頂き、楽しみに!早起きしましたよ~(笑





テレビ③


おっ♪いよいよ
本日の特選!知識の宝庫! 『大人も魅せる“図鑑”』のコーナーがスタート!しました。




あっ!
ちょこっと映った♪
(写真をクリックすると大きく見れます)
テレビ①


おいおい、キャスターのお姉さん図鑑にかぶってるやんか(>_<)
テレビ②


販売員さんが
『最近女性の方に売れてるのが』と手を指しのべたーーー先は・・・
ベラ図鑑の隣の、サメ図鑑! そ、そっち(>_<)

テレビ④


そのあとに、ベラ図鑑がアップで映り~♪
テレビ⑤

最後には、メイン写真のように映りました。

あとは、ベラ図鑑をイジってくれることもなく・・・(^^ゞ
この数秒、チラっと!映っただけでした。
先日の、うっとこのブログを見てくださり、この番組を楽しみにしてくれた方には期待はずれで申し訳ありません(^^ゞ





オレもベラ写真を提供させて頂いた
『講談社の動く図鑑MOVE 魚』も紹介されていたのでオレ的には嬉しかったすぅ~♪


201206271917585e6_20121130212947.jpg


まぁ。チラっと!ですが
NHKさんで日本のベラ大図鑑が映っただけでありがたいです。
それと、映っていた書店さん、メイン棚に表紙置きして下さってありがとうございました。





朝日新聞

朝日新聞

取材

平成24年11月25日(日)朝日新聞 朝刊 『著者に会いたい』ってコーナーに掲載して頂きました。

思った以上にドォーン!と掲載してくれはったんでビックリしました。
平成24年10月13日にも、朝日新聞さんに素晴らしい掲載をして頂いたんですが
今回は『日本のベラ大図鑑』の図鑑本体、ベラ科魚類の目線記事ではなく
『著者に会いたい』ってコーナーみたいで
この取材だけで記者、カメラマンの女性2名が遠路東京から神戸に来てくれはりました。

今まで何気なく新聞を見ていましたが今回も、読者から取材を受ける側になり
記事の裏側には、こんな大変な、予算、時間、作業があるんやぁ~ってつくづく感じました。
これからは、新聞の頁をめくる手も重くなります。

記者からの取材は、やはり聞き出すことが上手で緊張もせず何気なく答えていたのですが
こぼれることなく的確にひらってはるのが、ほんま流石がプロの記者です。

サムネイルは事務員さん達が撮ってくれてた取材風景です。
この掲載する1枚の写真を撮影するだけに
ごっついカメラ、でっかい照明、重い撮影資器材
何枚もカシャカシャシャッター切ってはりましたが本気ですわ。
ほんま、これからのベラ撮影にも役立つ?えぇ~勉強させてもらいました。

しかし、海モードではなく、仕事モードの写真なんで
なんやめっちゃ恥ずかしい写真です。

一般ウケしない、ベラ科魚類、ベラ図鑑、神戸のおっさん。
そこをひらってくれはった朝日新聞の方々には心より感謝申し上げます。


朝日新聞デジタルにも掲載されました。

朝日新聞

10 13朝日新聞①

朝日新聞の取材をうけ
10月13日(土)の朝日新聞に掲載されました。

会社で2時間ほどの取材でしたが
流石!新聞記者さん
A4大学ノートに太目の水性ペンで、一言一言拾らうように
流れるよう何ページも書きます。
写真撮影も、まるでグラビアアイドル?みないに、ほぼ連写で何十枚も撮影しはります。
聞き出す技も流石です。

新聞を見てビックリしたのが
新聞でも、ここまで色が出るん~?
複雑な体色をもつアカニジベラ雄成魚の体色なんか、ほぼ完璧に出てます。
新聞のカラー写真技術にもおどろきました。

担当してくれはった
朝日新聞、井石記者との余談話で、この濃い話のつづきは
朝日系列『探偵ナイトスクープ』でって(笑
井石記者ありがとうございました。

この他に、読売、中日、琉球、紀伊、他新聞掲載もありがとうございました。




広告

ブログ②

ブログ①

東方出版(日本のベラ大図鑑出版社)の社長が全国紙に広告を出してくれました。
この図鑑出版でも多額の出資をしてくれてはるのに
ここまで営業してくれはって、ほんま感謝です。

うっとこは地域新聞、神戸新聞なんで(^^ゞ
なんや嬉しくて、コンビニで大人買いしました(笑




全国書店、Amazon、他
一時的に、品切れ、入荷待ち、などの状態で大変ご迷惑お掛けしているようですが
スグ!入荷するよう手配しておりますので、ご不便お掛け致しますが宜しくお願い申し上げます。

また、当方でも即日発送できますのでお申込みの際には
直接 pisces095kazu(アットマーク)yahoo.co.jpに
お名前、ご住所をメールして頂ければ発送させて頂きます(^.^)

しかしAmazonでは
出版直後に中古品が出品されてはるしぃ・・・
しかも新品よりも、べらぼぉ~に高いわ。。。どないなってるんやろ?(^^ゞ

できたぁ~ヽ(^o^)丿

ブログ用⑥

ブログ用⑧ ブログ用⑨ ブログ用



やっと、やっと形になりました~

はじめは、撮りためたベラ写真を並べて自費で50冊ほど刷って
現地ガイド、ベラ好きな人にあげるぐらいの予定でした。
そやけど
AQUAS』まっちゃんの一言から始まりました。
あれよこれよと言うまに話が大きくなりいつの間にか出版って話に・・・
屋久島ダイビングサービス もりとうみ』しげるちゃんが
ここまで揃えてるなら、どうせやったら『図鑑!』やで!と・・・
そんな話なら『潜水案内Okinawa』のタケルちゃんが、ベラならまかしとき!
と話がどんどん大きくなって・・・
全国のスゴ腕ベラ好き現地ガイド様達が快く応援してくれはって~
そんな話になってるんやったら『エスティバン』川本さんが
えぇ~出版社の社長紹介するわ!と・・・
そして
鹿児島大学 本村教授との出会い・・・
ほんま根っからの魚好き!何より、すごいえぇ~人ですねん。
魚抜きでも、お付き合いしたい!と思うぐらい心がデカイ人。

またまたまたまた、再確認しました。
素人が、写真集、ガイドブックを越えて、いきなり『図鑑』って。。。

出版する事がどれだけ大変か考えず、無謀にもできたと思いますし
ほんま、ベラ好き現地ガイド様達が応援、結成してくれはって完成した図鑑やと思います。

また、このご時世に多額の予算を投資して本にしてくれはった
東方出版社の社長にも大感謝、デザイナー、印刷屋、製本屋、他、沢山のスタッフ・・・

それと、バディー、友達、宿の人達、そして会社の従業員達、他.

この図鑑の出版には、沢山の人達が携わって応援してくれはったから
完成されたんですわ~
そない改めて思うと、ほんま感無量です。

出版を決めてから、いろいろあったりプレッシャー他、負けそうな事もいろいろあったけど
2002年からベラの魅力にハマって写真を撮って1冊の本として形に残せた今、最高に幸せです。
また、世界にひとつしかない本のISBNコード978-4-86249-200-5を取得したのも嬉しいです。

ほんま、みんな、みんな~ありがとね~



ベラ!ほんまに好きなんですぅ~オモロイですぅ~ヽ(^o^)丿


全国書店、Amazon、他、ネット販売でも購入できますが
当方でも、『日本のベラ大図鑑』を販売させて頂きますので
もし、興味ある方でご注文の際は、このブログコメント欄下にある
『管理者だけに表示を許可する』に☑を入れ
(コメントとして公開されず、当方だけ確認できます)
お名前、住所、電話番号、メールアドレスお願いします。
もしくは
Pisces095kazu(アットマーク)yah00.co.jp メールでも結構です。


                                  Wrasses Vegas
                                    ベラ山ベラ彦

印刷工程

⑥

⑤ ⑩ ⑦

⑨ ② ③

④ ⑪ ⑫


①


出版直前!なので解禁しても良いかな~と思い記事にします。
あまり目にする事ができない印刷工程をご紹介します。
日本のベラ大図鑑、の印刷を担当してくれはったのは、
京都本社の泰和印刷さんです。
デザインをしてくれはった京都の大倉デザイン室
京都には、かれこれどれくらい足を運んだかな~おかげで京都も詳しくなりました。

印刷前に、色構成のオペレーターと画像や色調整を繰り返します。

その後、メイン写真のように
印刷オペレーターが特種なルーペでチェックしながら(サムネイル上段左)微妙な色を調整します。
(サムネイル上段右)紙が次々とスタンバイします。
室温、湿度を年中一定に保っている工場は快適な環境です。(梅雨時の印刷は大変だそうです)

サムネイル2段目左は
わかりやすく言えばネガです。特殊なアルミ板にレーザーで焼き付けた板です。

サムネイル2段目中央は
わかりやすく言えばトナー、インクです。手前が赤色(R)奥が青色(B)です
が、ただ単に赤色青色ではなく、オペレーターがいろんな色練り調合した色なんです。

サムネイル2段目中央右は
赤色を担当したネガです。赤く染まるアルミ板です。

サムネイル3段目は
できたてのホヤホヤです。
サムネイル3段目右側が
この印刷を担当したドイツ製のマシーンです。
独立して並んでいるのがインクの塔です。

大きな1シートで8ページ、それを38シート、それを発行部数刷るんです。
並行して別工場で(日本製マシーン)で表紙、表紙カバー、帯、カード、他、
さまざまな大きさや印刷工程で完成し
その後、裁断、製本とまだまだ工程がつづきます。

見た目に美しく写る光沢のある用紙を、あえて使用せず
光沢のない紙を使い、大きな写真で勝負しました。
荒が目立つ場面も多々あると思いますが
撮影時のごまかしがきかない、大きな写真、この用紙で勝負しました。
目にやさしい紙で、光の影響も少なく、丈夫な紙
長く使ってもらえる紙だと思います。
使うほどに、見てもらうほどに、必要とされるほど
5年後10年後に、しっくりする図鑑に仕上げたつもりです。

工場フェチとしては
印刷業界のいろんなお話も聞け、貴重な体験ができました。
日本人の職人技術は、ほんま素晴らしいです。

昨今、近隣国と多々問題がありますが
ベラ科魚類の書籍が少ないなか
『日本の』ベラ大図鑑として、拘って、誇りに、微力ですが
日本人の力を、この図鑑を通じて小書籍ですが日本人パワーを発進できたら幸いです。






 

日本のベラ 大図鑑

日本のベラ大図鑑 表紙

日本のベラ大図鑑 裏面


プロダイバーでもなく、水中写真家、魚類研究者でもなく、ただのダイバーですが
ベラ好きが高じて2002年から今日まで撮りためたベラ科魚類の写真数々を
この度、形にすることができました。

魚類学界の第一人者、鹿児島大学教授 本村浩之先生の監修ご協力をはじめ
各方面でベラ科魚類に詳しい現地ガイド様の方々
また『うみまーる』でお馴染みの、井上慎也さん『エビカニガイドブック』の、川本剛志さん
ダイバーの憧れでもある大先輩達の出版を、数々手掛けている東方出版社様のおかけで
夢を実現できました。
この写真のチラシも、東方出版社様が、書店や図書館、学校用向けに作ってくれたチラシです。

桑田佳祐さん、久保田利伸さんなどの大好きなミュージシャンが
作詞、作曲、振付、衣装、などを一人で手懸けるように
オレも、写真、文、構成、他、それとベラ科魚類に対する愛情を注ぎ込み手懸け
こだわった本に仕上げました。

誰もがスルーする普通種ベラ、だから日本初のベラ図鑑出版なのでしょうが
男として『日本初』と言う言葉の重みと、出版までのプレッシャー他がありましたが
最高の達成感で幸せです。

高校中退、『学』もありませんがアホはアホなりに頑張ったら
出版までも、できるんや~と、これからの人生にも自信が付きました(笑

そんな小本ですが、この図鑑を通じベラ科魚類に関心を持って頂けたら幸いです。

全国書店、Amazon、他、ネット販売でも購入できますが
当方でも、『日本のベラ大図鑑』を販売させて頂きますので
もし、興味ある方でご注文の際は、このブログコメント欄下にある
『管理者だけに表示を許可する』に☑を入れ
(コメントとして公開されず、当方だけ確認できます)
お名前、住所、電話番号、メールアドレスお願いします。
もしくは
Pisces095kazu(アットマーク)yah00.co.jp メールでも結構です。

梅雨も明け、夏本番!ダイビングシーズン!
被写体、撮影に夢中にならず
くれぐれも、体調、安全面、ルール、他、無理をせず
1Dive1Diveを、オモローヽ(^o^)丿なダイビングを楽しんでくださいぃ~♪

西山 一彦 (kazu)(ベラ山ベラ彦)
プロフィール

kazu

Author:kazu

カテゴリ
リンク
ユーザータグ

・幼魚 バリ島 ハワイ ・ハイブリッド 書籍 ・調査中ベラ幼魚 ・性転換個体 

最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。