スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イトヒキベラ属未記載種・雄成魚・婚姻色・リロアン

イトヒキsp婚姻色

イトヒキsp

イトヒキベラ属未記載種/雄成魚/婚姻色(13cm)
Cirrhilabrus sp
フィリピン/セブ島(リロアン) -22m 2015,2,16

潮通しの良い、岩礁、サンゴ域に生息していた。
ひとつのハレムには雌5個体~、雄3個体~が中層を群れていた。
求愛行動になると写真のように背鰭前方から中央部のみ広げ雌に求愛を促し
体色は体側上方が暗色にくすみ、下方はより白色が強くなる。
フィリピン産の個体は胸鰭上方、体側中央、上方に大きな暗色斑をもつ。
今年はこの未記載種がひじょうに数多く確認できるようだ。
イトヒキベラ属の分類はまだ不明な点が多く今後の調査が必要である。



(日本のベラ大図鑑 未記載)

フィリピンセブ島・リロアン/トロピカルパラダイス
ベラディングガイド /ガルーダ五十嵐
http://villa-tropara.com/about/

続きを読む

スポンサーサイト

イトヒキベラ交雑種?・雄・成魚・婚姻色・柏島

イトピン⑦

イトピン②イトピン④イトピン①
イトピン⑥イトピン③

イトヒキベラ交雑種?/雄/成魚/婚姻色(15cm)
?Cirrhilabrus sp
柏島 25m 2013,5,19


潮通しの良い、岩礁、サンゴ、砂地が混在する環境にハレムを作り生息する。


柏島行ったら必ずこのイトピンくんに会いに行きます。
昨年秋に見つかったイトピンくんはついに婚姻色を出し求愛まで~
この子の二世と会える?のが今から楽しみです。
ほんま立派に成長してくれました。
この岩礁周辺ではイトピンくんが今ではボス的な存在です。


・サムネイル上中央
 この時は雌に猛烈アタックを繰り返し

・サムネイル上右側
 吠えてました(笑

・サムネイル下左側
 下顎を膨らませ、腹鰭まで走る青色のライン男前です。

・サムネイル下右側
 サムネイル上中央の写真とも見て頂けたらわかるように臀鰭中央部まで
 腹鰭が、ほんま美しく長く伸びています。



=撮影協力=

AQUAS 高知県・柏島
http://kashiwajima.jp/


イトヒキベラ交雑種・雄・柏島

イトヒキベラ属の交雑個体①

イトヒキベラ属の交雑個体④ イトヒキベラ属の交雑個体② イトヒキベラ属の交雑個体③

イトヒキベラ交雑種/雄/成魚(15cm)25m 2012.7.7
Cirrhilabrus x

深い水深で撮影していたので、あまりじっくりと撮影できなかったのですが
浮上中に、えっ?この水深でヤリ?と一瞬思ったぐらいの
尾鰭中央部が長く伸びるイトヒキベラ!
サムネイル左、尾鰭上葉と中央部の間にもトゲのように尾鰭が伸びています。
サムネイル中、胸鰭基部から後方に不規則な赤色斑もあります。
サムネイル右、雌に求愛する寸前の写真ですが尾鰭がよりキレイに光ります。
岩陰に隠れる場面もありましたが、まるで新婦のウエディングドレスのように
長い尾鰭を引きずって泳いでましたわ~
潮通しの良い、砂地、ゴロタが混在する環境にハレムを形成し生息していた。




=撮影協力=

AQUAS~柏島~
http://kashiwajima.jp/





イトヒキベラSP・雌・石垣島

イトヒキベラsp

イトヒキベラsp①

イトヒキベラ属の1種/雌/
Cirrhilabrus temminckii sp.
2010.11.14 ishigaki -26m 8cm

ややガレが混じる岩礁斜面の隙間に
3個体と生息していた。
(同じ水深でも、近くに別ハレムも確認)

ガイド様が、イトヒキベラSPと紹介してくれはったのですが
一人、深場で撮影し減圧出ている中だったので粘って撮影もできず・・・
この時は天候も悪く、暗かったので、臆病気味?で撮影困難だった。
吻端に白斑がまだ残る個体(サムネイル①)

他にも
クロヘリ、ツキノワ、ピンテール他
イトヒキ系の成魚を多数見たが、石垣島で生息する雄成魚は
サイズ的に小さく感じれた。

イトヒキベラ属の一種の未記載種ゴシキ近似種

イトヒキ属sp1

イトヒキ属sp

イトヒキベラ属の一種?未記載種ゴシキ近似種/雌/成魚/
Cirrhilabrus temminckii
2010.3.9 riloan -18m 12cm

見通しが良く、潮通しの良い、サンゴ、ガレ場に生息していた。
クロヘリを撮影していると
ガイドが、スレート(水中ノート)に、『イトヒキ属の一種?の雌 珍!』と書き指さした。
雄は、逃げて行って撮影できなかったのが心残り。

サムネイル①は
ナガレハナサンゴ根元を住みかとし、ナガレハナサンゴ中に生息するカクレエビに
クリーニングを、おねだりしてる、これも珍しい場面。

田中先生
先日に続き、調査ベラ繋がりで本日も???ベラをUPしてみました(^^ゞ
確認しにくい写真で申し訳ありませんが
このベラって、何ベラか教えてくださぁ~い。

ピンテールフェアリーラス雄・屋久島

ピンテール雄600②

ピンテール雄600④ ピンテール雄600③ ピンテール雄600①

ピンテールフェアリーラス/雄/成魚
Cirrilabrus sp2009.3.19 yakushima -35m 10cm

イトヒキベラ属の1種だが、ピンテールの愛称で呼ばれている
やや深めの水深で4~5匹の雌と群れる。
サンゴや、ガレ場、岩場、などに生息する。
婚姻色は、全体的に青色が濃ゆくなる。




プロフィール

kazu

Author:kazu

カテゴリ
リンク
ユーザータグ

・幼魚 バリ島 ハワイ ・ハイブリッド 書籍 ・調査中ベラ幼魚 ・性転換個体 

最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。